top of page

結合テストの挫折を乗り越える4つの光!品質とスケジュールの両立法 REVEALED


AIが失敗の舞台裏に迫る…5人に1人は経験があるスコープ拡大がもたらす3つの致命的ミス

プロジェクトマネージャーとして、初めてプロジェクトを担当すると、失敗する可能性が高いものです。


失敗は避けられないものではありませんが、失敗した経験から学び、次回は成功に向けた改善を行うことができます。


そこで、iPM naviとChatGPTがコラボレーションして、あなたに向けたスキルアップできるコラムを配信しています。


このコラムでは、失敗プロジェクトの事例を元に初心者プロジェクトマネージャーが陥りがちな問題点や改善方法についてアドバイスをしていきます。


以下の方にオススメのコラムです!!


・プロジェクトマネージャーになりたい方

 

・現在プロジェクトを進めている方

 

・プロジェクトマネジメントに関する知識やスキルに自信のない方

 

・初めてプロジェクトを担当する方 

 

・プロジェクトの成功に向けて改善を考えている方


是非、このコラムを参考にしてみてください。

 

目次:








 

1.はじめに

プロジェクトマネジメントの学びの場として、失敗プロジェクトからの教訓を紹介します。 結合テストフェーズでのソフトウェア品質の劣化による問題点を解析し、初心者プロジェクトマネージャーが失敗に至った理由を明らかにします。 さらに、その問題を回避するための解決策を提供します。


2.失敗プロジェクトの事例(システム化のスコープより広がった)

プロジェクトの失敗を紹介します。

2.1.プロジェクトのスコープと体制 ・クライアントは大手パルプ会社 ・クライアントの情報システム部で基幹業務の新規開発を実施 ・資材管理、生産管理、在庫管理がシステム化対象 ・中堅SierのA社が開発全般を請け負う ・開発体制は業務チーム、基盤チーム、テストチーム、管理チームで構成 ・プロジェクトマネージャーはA社の佐藤(PM初心者) 2.2.失敗プロジェクトの内容

現在の作業は、結合テストフェーズです。 「プロジェクト計画を検討する中で、ソフトウエアの世代管理の仕組みを考慮せず、プログラムの変更または修正により、他のプログラムに意図しない影響が生まれ、変更・修正前よりも品質の劣化が起こった」という問題が起こりました。 当該フェーズを10%消化した頃に、想定以上のソフトウエアの不具合が発生しました。 ソフトウエアの不具合の原因を見つけ出し、繰り返し正常に動作するように修正をしましたが、主要な業務要件を実現するソフトウエアに不具合が多発しました。 この対応には、根本的な原因を見つけ出して、解決する必要があります。 そのため、プロジェクト計画フェーズでコミットしていたプロジェクト期間と品質目標を達成することが難しくなりました。 さらに、現時点では、ソフトウエアを修正する所要期間と作業工数も不明です。 そこで初心者プロジェクトマネージャーは、プロジェクトオーナーに「品質目標を下げて、システムのリリース日を延期したい」と求めました。 しかし、プロジェクトオーナーからは「品質目標の変更、ましてやリリースは変更できない!」とクレームがありました。 初心者プロジェクトマネージャーは、この問題を回避することができず、 ・システムのリリースが大幅に遅れた。 ・品質目標を達成できていない主要なソフトウエアが多くリリースされた。 このようにプロジェクトが破綻して失敗に終わりました。 **守秘義務により企業名・団体名・個人名等は架空名称となります。


3.失敗の原因

プロジェクトの失敗の原因が明確になります。

この原因は、以下の通りでした。 (1)プロジェクト計画フェーズでソフトウエアの世代管理の仕組みが考えられていなかった。 (2)詳細設計フェーズで課題が解消されないまま積み残っていたにも関わらず結合テストを実施した。 (3)結合テストフェーズのソフトウエア管理をプログラマーたちに一任していた。

4.ChatGPTのアドバイス

プロジェクトの失敗をAIが様々なデータを収集し分析した結果から解決策を導いています。

ChatGPTが失敗プロジェクトの事例と3つの失敗の原因を元にして、様々なデータを収集し分析した結果から解決策を導いています。 (1)ソフトウェアの世代管理の導入 プロジェクトマネジメントの鍵として、ソフトウェアの世代管理を導入することが不可欠です。 これは、プロジェクト計画フェーズで特に重要なステップです。

ソフトウェアの変更や修正を行う際、その影響範囲を明確に把握することが品質向上への道です。 失敗プロジェクトから学ぶべき教訓は、ソフトウェアの変更が他のプログラムに予期せぬ影響を及ぼし、品質の劣化を招く可能性がある点です。 ソフトウェアの世代管理は、変更の追跡と影響分析を容易にするための手法です。

変更がある場合、どの部分に影響が及ぶかを明示的に記録し、それに基づいてテストや検証を行うことで、予想外の問題を未然に防ぐことができます。 具体的には、バージョン管理システムを導入し、変更履歴を逐一追跡することが重要です。

これによって、過去のバージョンとの比較や、特定の変更に関連するテストを効果的に行うことができます。 ソフトウェアの世代管理を実現するためには、プロジェクト計画の初期段階から関係者とのコラボレーションを図り、変更管理プロセスを明確に定義する必要があります。 さらに、変更の承認とテストを組み込んだプロセスの整備も不可欠です。 これによって、ソフトウェアの品質を確保しつつ、変更に伴うリスクを最小限に抑えることができます。 (2)詳細設計と結合テストの連携 プロジェクトの成功には、詳細設計と結合テストのシンクロニシティが不可欠です。 失敗プロジェクトから得られる教訓は、詳細設計フェーズでの課題が結合テストに影響を与え、不具合の多発を招いたことです。 詳細設計フェーズでの課題を結合テスト前に解消することは、品質向上とプロジェクトのスケジュール遵守に直結します。 詳細設計段階で特定された要件の不明確さや矛盾点は、結合テストで不具合の原因となることがあります。 このため、詳細設計を進めながら、要件のクリアな理解とコミュニケーションを重視することが大切です。 詳細設計と結合テストの連携を強化するためには、テスト計画の策定時に詳細設計の内容を参照し、テストケースを設計することが重要です。 これによって、詳細設計で特定された機能や要件が結合テストで十分に検証されることが保証されます。 (3)プロジェクトチームの協力強化 プロジェクトの成功には、協力的なチームワークが欠かせません。 失敗プロジェクトから得られる教訓は、結合テストフェーズのソフトウェア管理をプログラマーたちに一任したことが品質劣化の一因となったことです。 プロジェクトマネージャーは、プログラマーたちとの緊密なコラボレーションを確保することで、問題の早期発見と解決を促進する役割を果たすべきです。 これには、進捗共有や問題の報告を定期的に行うことが含まれます。 プロジェクト全体の進行状況と各メンバーの貢献度を把握することで、トラブルの早期対応が可能となります。 チーム内のコミュニケーションを強化するためには、定期的なミーティングやコラボレーションツールの活用が有効です。 問題が浮上した際には、責任を押し付けるのではなく、共同で解決策を模索し、その実行を推進する姿勢が求められます。 プロジェクトマネージャーはリーダーシップを発揮し、メンバーの能力を最大限に引き出すためのサポートを提供する役割を果たすべきです。


*iPM naviのコミュニティに参加すると未公開のAIの助言が見れます!


5.iPM naviプロコンサルのアドバイス

PM naviに参加しているプロコンサルの実践経験から得たノウハウを活かして、失敗しないための解決策を解説します。

Pro consultant えのき


iPM naviに参加しているプロコンサルの実践経験から得たノウハウを活かして、失敗しないための解決策を解説します。 (1)結合テストの中断と障害特定 プロジェクトにおける結合テストフェーズでの品質低下の問題に直面しています。 これは、ソフトウェアの変更や修正によって他の部分に意図しない影響が及び、品質が低下してしまうという問題です。 しかし、その影響範囲を正確に特定することが難しく、問題解決が遅れています。 この問題に対処するために、次のステップを提案します。 STEP1:テストの一時中断と影響範囲の特定 最初に、結合テストを一時中断し、現在のソフトウェアの変更点を詳細に調査します。 どの部分が変更されたかを明確にし、その変更が他の部分に及ぼす影響を特定します。 STEP2:テストデータとテストケースの強化 影響範囲を特定したら、その部分に関連するテストデータとテストケースを強化します。 この段階で、異常な挙動や品質低下を検出できるようなテストケースを準備します。 STEP3:障害の特定と分析 テストを再開する前に、問題となる障害を特定し、その原因を徹底的に分析します。 問題が生じた箇所のコードや仕様を詳しく調査し、根本的な原因を突き止めます。 STEP4:修正と検証 特定した障害に対して修正を行い、その修正が適切に機能するかどうかを検証します。 他の部分に影響を及ぼす可能性があるため、複数のテストケースを使用して検証を行います。 このアプローチを通じて、品質低下を引き起こす要因を特定し、適切な対処を行うことができます。 (2)ソフトウェア管理ルールの確立とテスト責任者の配置 プロジェクトの品質低下の問題は、ソフトウェアの変更や修正によって引き起こされています。 これを解決するためには、ソフトウェアの変更を適切に管理し、テストプロセスを強化することが必要です。 STEP1:ソフトウェア管理ルールの確立 まず、ソフトウェアの変更に関する明確なルールを確立します。 変更の承認プロセス、影響分析、変更のドキュメント化などを含め、変更管理プロセスを明確に定義します。 これにより、変更が他の部分に与える影響を事前に予測し、適切な対策を講じることが可能となります。 STEP2:テスト責任者の配置 プロジェクトチームにテスト責任者を配置します。 テスト責任者は、変更の影響を評価し、適切なテスト戦略を策定します。 彼らはテストケースの作成、テストの実施、結果の分析を行い、障害の特定と解決策の提案を行います。 これにより、変更に対するテストが十分に実施され、品質低下を最小限に抑えることができます。 このアプローチにより、ソフトウェアの変更とテストプロセスの改善が並行して進行し、品質向上が図られます。 (3)主要なソフトウェアの選択的リリースと結合テスト計画の見直し プロジェクトの品質低下やスケジュールの遅延は、主要なソフトウェアのリリースと結合テストの計画に起因しています。 この問題を解決するためには、主要なソフトウェアの選択的なリリースと結合テスト計画の見直しが重要です。 STEP1:主要なソフトウェアの選択的リリース プロジェクトの主要なソフトウェアに焦点を当てます。 クライアントのビジネスの柱となるソフトウェアに対して優先的にリリースを行います。 これにより、重要な業務要件を実現するソフトウェアの品質を保ちつつ、スケジュールの遅延を最小限に抑えることが可能です。 STEP2:結合テスト計画の見直し 結合テストの計画を見直し、主要なソフトウェアにフォーカスすることで、リソースの最適化とテストの効率化を図ります。 また、テストケースの選定やテストシナリオの再評価を行い、主要なソフトウェアの品質を確保するためのテストを重点的に実施します。 このアプローチにより、主要なソフトウェアの品質を保ちつつ、スケジュールの遅延を回避することが可能です。


プロコンサルタントの紹介

*iPM naviのコミュニティに参加する未公開のプロの助言が見れます!


6.最適な解決策

経験豊かなiPM naviのプロコンサルの知見とChatGPTのAIパワーが結集し、あなたのプロジェクトに最適な解決策をアドバイスします。

経験豊かなiPM naviのプロコンサルの知見とChatGPTのAIパワーが結集し、あなたのプロジェクトに最適な解決策をアドバイスします。


経験とAIの統合が、効果的な意思決定と成功につながります。プロジェクトの挑戦に立ち向かうなら、この最適な解決策をを活用してください! (1)ソフトウェアの世代管理の導入とチームコラボレーションの強化 ソフトウェアの世代管理を導入することで、プロジェクト計画の初期段階からソフトウェアの変更や修正が他の部分に及ぼす影響を明確に把握します。 これにより、予期せぬ品質の劣化を防ぎ、プロジェクト全体の品質向上に寄与します。 ソフトウェアの世代管理は、バージョン管理システムを利用して変更履歴を記録し、変更が他の部分に与える影響を的確に評価する手法です。 このことから、変更管理プロセスが効果的に機能し、品質保証が強化されます。 また、チームコラボレーションの強化も重要です。 プロジェクトチーム内での進捗共有や問題報告を通じて、メンバー間のコミュニケーションを促進します。 リーダーシップを発揮してチームの結束を高め、共通の目標に向かって協力する環境を醸成します。 問題が浮上した際には、責任を追求するのではなく、共同で問題解決のアプローチを模索する姿勢を奨励します。 (2)詳細設計と結合テストの連携とテストプロセスの強化 詳細設計フェーズと結合テストのシンクロニシティを高めることで、品質向上とスケジュール遵守を同時に達成します。 詳細設計段階での課題が結合テストに影響を及ぼした教訓から、詳細設計と結合テストの連携を重視します。 テスト計画策定時に詳細設計内容を参考にし、詳細設計で特定された機能や要件を重点的に検証するテストケースを設計します。 これにより、詳細設計での不明確さや矛盾がテストで浮き彫りになり、問題の早期解決が可能となります。 さらに、テストプロセスの強化も必要です。テスト責任者の配置によって、変更の影響を評価し、テスト戦略を策定します。 テストケースの選定やテストシナリオの再評価を通じて、品質向上に焦点を当てたテストを実施します。 このことから、プロジェクトの全体的な品質を確保しつつ、変更による影響を最小限に抑えます。 (3)チームコラボレーションの強化と問題解決のプロセス確立 プロジェクトチームの協力強化を重視し、問題の早期発見と解決を通じて品質向上を図るものです。 プロジェクトの品質低下は、結合テストフェーズのソフトウェア管理の一任が原因とされています。 この問題を解決するために、プロジェクトマネージャーはプログラマーたちとの緊密なコラボレーションを確保します。 進捗共有や問題報告を定期的に行うことで、プロジェクト全体の進行状況やメンバーの貢献度を把握し、トラブルの早期対応が可能となります。 チーム内のコミュニケーションを強化するため、定期的なミーティングやコラボレーションツールの活用が有効です。 結合テストフェーズにおいても、情報共有や問題解決に積極的に参加する文化を築くことで、プロジェクトの成功に向けた道を切り拓くことができるでしょう。 (4)主要ソフトウェアのリリースとテスト計画の最適化 主要なソフトウェアの選択的なリリースと結合テスト計画の見直しを通じて、品質向上とスケジュール遵守を両立させることを目指しています。 プロジェクトの品質低下やスケジュール遅延の原因となったのは、主要なソフトウェアのリリースと結合テストの計画の不適切なマネジメントです。 この問題を解決するために、まずは主要なソフトウェアに焦点を当てた選択的なリリースを検討します。 ビジネスの柱となるソフトウェアに優先的にリソースを割り当て、その品質を保ちつつスケジュールを守ることが重要です。 同時に、結合テスト計画も見直し、主要なソフトウェアにフォーカスしたテスト戦略を策定します。 テストケースの選定やテストシナリオの再評価を行い、主要なソフトウェアの品質を確保するためのテストを重点的に実施します。 これにより、リソースの最適化と効率的なテストの実行を両立させ、品質向上とスケジュール遵守を両立させる狙いです。 このアプローチによって、主要なソフトウェアの品質を保ちつつ、スケジュールの遅延を回避することが可能です。


*iPM naviのコミュニティに参加すると未公開の最適な解決策が見れます!


7.初心者PMが身につけるべきスキル

プロジェクトの事例から初心者プロジェクトマネージャーに必要なスキルを紹介します。

iPM naviのプロコンサルの知見とChatGPTのAIパワーが結集し考えた最適な解決策を、初心者プロジェクトマネージャーが実行するには、以下のスキルが求められます。 解決策1:ソフトウェアの世代管理の導入とチームコラボレーションの強化 重要なスキル:コミュニケーションスキル プロジェクトの成功には、チームメンバーやステークホルダーとの効果的なコミュニケーションが不可欠です。 問題の共有や解決策の調整においてコミュニケーションは大きな役割を果たします。


スキルを身につけるヒント: (1)コミュニケーションスキル向上のためのトレーニングやワークショップに参加し、フィードバックを受けながらスキルを向上させる。 (2)プレゼンテーションの技術や効果的な伝達方法を学び、情報をクリアかつ魅力的に伝える力を養う。 (3)アクティブリスニングの練習を通じて、相手の意見や要望を理解し、適切な対応ができるよう努力する。 (4)コミュニケーションツールやプロジェクト管理ツールの使い方をマスターし、リアルタイムで情報共有を効率的に行うスキルを身につける。 解決策2:詳細設計と結合テストの連携とテストプロセスの強化 重要なスキル:テストプロセスの最適化 効果的なテストプロセスは品質向上に直結します。 初心者プロジェクトマネージャーはテストの計画から実施までのプロセスを最適化するスキルを持つ必要があります。 スキルを身につけるヒント: (1)テスト戦略の概念を学び、プロジェクトの特性やリスクを踏まえた適切なテストアプローチを設計する方法を理解する。 (2)テスト計画の策定手法やテストケースの設計原則を学び、網羅的なテストを行うためのスキルを養う。 (3)テスト自動化の基本やツールの選定基準を習得し、繰り返しのテスト作業を効率化する方法を学ぶ。 (4)テストレポートの分析方法を学び、品質評価と改善のためのデータを活用するスキルを身につける。 解決策3:チームコラボレーションの強化と問題解決のプロセス確立 重要なスキル:問題解決能力 プロジェクトには様々な課題や問題が生じる可能性があります。 初心者プロジェクトマネージャーは、問題を迅速に特定し、効果的な解決策を見つけるスキルが必要です。 スキルを身につけるヒント: (1)問題解決フレームワーク(例: PDCAサイクル)を学び、問題の特定、分析、解決、検証の過程を体系的に進める手法を習得する。 (2)クリティカルシンキングやデザイン思考のスキルを養い、複雑な問題に対して創造的な解決策を見つける能力を高める。 (3)ルートコーズ分析や魚の骨図などのツールを使って問題の根本原因を特定し、再発を防ぐ対策を考える方法を学ぶ。 (4)チームと協力して問題解決に取り組み、異なる視点からのアイディアを取り入れるスキルを培う。 解決策4:主要ソフトウェアのリリースとテスト計画の最適化 重要なスキル:プロジェクトマネジメント知識 プロジェクト全体を効果的に計画し、管理する能力はリリースの最適化に重要です。


初心者プロジェクトマネージャーはプロジェクトマネジメントの知識を習得する必要があります。


スキルを身につけるヒント:

(1)プロジェクトマネジメントの基本的な概念(スコープ、スケジュール、コスト、品質管理など)を学び、プロジェクト全体の理解を深める。


(2)リーダーシップスキルやコミュニケーションスキルを向上させ、チームを指導し目標達成に向けて調整する力を養う。


(3)リスクマネジメント手法を学び、リスクの特定と評価、対策の立案と実行を行うスキルを身につける。


(4)プロジェクト管理ツール(例: プロジェクト管理ソフトウェア、ガントチャートツール)の使い方を学び、タスクの進捗管理やリソースの配置を効率的に行う方法を習得する。


*iPM naviのコミュニティに参加するスキルを身につけるヒントが見れます!



8.QAセッション

これらのスキルを持つ初心者プロジェクトマネージャーは、失敗プロジェクトから学びながら、総合テストの問題を解決し、プロジェクトの成功に導くことができるでしょう。


失敗プロジェクトの原因に関する質問に答えるQ&Aセッションを設けています。


皆さんの疑問や質問に対応することができます。


失敗プロジェクトに対する理解を深め、同じような失敗を回避するためのアドバイスをします。


iPM naviのサイトにアクセスしてコミュニティーに登録してください。


今回のコラムの未公開情報が読めます。


また、無料で大手コンサルファームの社員や出身者からアドバイスを受けれます。


ファームの人材とコミュニケーションが取れるイイ機会です。


是非、ご利用ください。

コミュニティに参加してコンサルタントからアドバイスをもらう風景

*メンバー登録(無料)する前にiPM naviでどんなことができるのか?を確認する。


最後まで読んでくれて有難う御座いました。


 

◾️information

プロジェクトマネージャーを目指すなら必見!計画書の作り方を解説


プロジェクトマネージャーになるために欠かせないスキルの一つが、プロジェクト計画書の作成です。


しかし、初めて計画書を作成する人にとっては、何から手を付けていいか分からず苦戦することもあります。


そこで、プロジェクト計画書の作成手順を分かりやすく解説します。

プロジェクト計画書の作り方を教える女性コンサルタント

 

◾️関連サービス(無料)

業界では、新しいプロジェクトマネージャ総合支援サービス。

iPM naviは便利な3つのサービスが無料です。

あなたのスタイルに合わせて、好きなサービスが無料でご利用いただけます。

iPM naviで無料で提供するコンサルサービス

Commentaires


bottom of page