top of page

AIと一緒に考える 3つの失敗原因と50%のリスク!要件定義の罠と初心者の誤解!成功を導くプロジェクトマネジメントのポイント


AIと一緒に考える 3つの失敗原因と50%のリスク!要件定義の罠と初心者の誤解!成功を導くプロジェクトマネジメントのポイント

プロジェクトマネージャーとして、初めてプロジェクトを担当すると、失敗する可能性が高いものです。


失敗は避けられないものではありませんが、失敗した経験から学び、次回は成功に向けた改善を行うことができます。


そこで、iPM naviとChatGPTがコラボレーションして、あなたに向けたスキルアップできるコラムを配信しています。


このコラムでは、失敗プロジェクトの事例を元に初心者プロジェクトマネージャーが陥りがちな問題点や改善方法についてアドバイスをしていきます。


以下の方にオススメのコラムです!!


・プロジェクトマネージャーになりたい方

 

・現在プロジェクトを進めている方

 

・プロジェクトマネジメントに関する知識やスキルに自信のない方

 

・初めてプロジェクトを担当する方 

 

・プロジェクトの成功に向けて改善を考えている方


是非、このコラムを参考にしてみてください。


 

目次:








 

1.はじめに

重要性に焦点を当てます。開発したシステム機能とクライアントの要件の一部漏れが原因で起こったリリース遅延の事例をもとに、プロジェクトが破綻する3つの原因とその回避策について探ります。 初心者プロジェクトマネージャーの失敗から、成功への道を見出すためのヒントをご紹介します。


2.失敗プロジェクトの事例

プロジェクトの失敗を紹介します。

2.1.プロジェクトのスコープと体制

・クライアントは大手専門商社


・クライアントの情報システム部で基幹業務の新規開発を実施


・受注荷管理、出荷管理、在庫管理がシステム化対象


・中堅SierのA社が開発全般を請け負う


・開発体制は業務チーム、基盤チーム、テストチーム、管理チームで構成


・プロジェクトマネージャーはA社の佐藤(PM初心者)


2.2.失敗プロジェクトの内容

現在の作業は、ユーザーテストフェーズです。

「開発したシステム機能がクライアントの業務要件とシステム要件の一部が漏れたことで、リリース日が遅延するする」という問題が起こりました。

当該フェーズを50%消化した頃に、クライアントが、プロジェクトの最終フェーズであるユーザーテストを実施していると、一部のシステム機能がクライアントの要求仕様と異なる動作をすることが判明しました。 そのため、クライアントの要求仕様の確認を行い、プログラムの修正を行う必要が出てきました。


そこで初心者プロジェクトマネージャーは、プロジェクトオーナーに「システムのリリース日の延期」を求めました。


しかし、プロジェクトオーナーからは


「ユーザーへは、新ビジネスの公表していることから、リリースは変更できない!」


とクレームがありました。


初心者プロジェクトマネージャーは、この問題を回避することができず、


・システムのリリースが大幅に遅れた。


・スコープの再設定と実現作業による大幅な工数の超過が起こった。


このようにプロジェクトが破綻して失敗に終わりました。


**守秘義務により企業名・団体名・個人名等は架空名称となります。


3.失敗の原因

プロジェクトの失敗の原因が明確になります。

この原因は、以下の通りでした。

(1)クライアントの業務要件とシステム要件の抜け漏れがあった。


(2)要件定義を行うメンバーがクライアントの業務要件とシステム要件を理解できなかった。


(3)要件定義書が未完成のまま、プロジェクトを進めた。


4.ChatGPTのアドバイス

プロジェクトの失敗をAIが様々なデータを収集し分析した結果から解決策を導いています。

ChatGPTが失敗プロジェクトの事例と3つの失敗の原因を元にして、様々なデータを収集し分析した結果から解決策を導いています。


(1)明確な要件定義とコミュニケーションでプロジェクトの成功を確保

プロジェクトの成功には、明確な要件定義が不可欠です。失敗プロジェクトからの教訓を生かし、要件の抜け漏れを防ぐためには、まず、プロジェクトチーム内外のコミュニケーションを強化しましょう。


クライアントとの継続的な対話を促進し、要件についての明確な理解を確保します。


また、開発チーム内でのコミュニケーションを活性化させることで、要件に関する情報の共有とミスの早期発見を可能にします。


次に、要件定義書の適切な作成と管理を重視しましょう。


要件定義書はプロジェクトの指針となる重要な文書です。


適切な要件の洗い出し、クライアントとの確認プロセスの徹底、変更があった際の適切な変更管理を行うことで、要件の抜け漏れを減らします。


(2)スキルアップと確認プロセスによる要件理解の向上

プロジェクトの失敗を回避し、成功に導くためには、要件の正確な理解が不可欠です。


要件理解を高めるための効果的な手法として、まず、要件の洗い出しと明確化に注力しましょう。


クライアントの業務要件とシステム要件を明確に理解するために、積極的にミーティングやワークショップを実施し、ステークホルダーとの積極的なコミュニケーションを図ります。


また、要件定義書の作成にあたっては、適切なフレームワークやテンプレートを使用し、一貫性のある文書を作成します。


次に、プロジェクトメンバーのスキルアップを促進します。要件理解に関するトレーニングやワークショップを提供し、チーム全体の能力向上を図ります。


さらに、経験豊富なメンバーと初心者をコンビネーションさせ、知識の共有やメンタリングを通じて理解を深める環境を構築します。


(3)要件定義書の適切な管理と変更管理によるプロジェクトの安定運営

未完成の要件定義書を回避するためには、まず、要件定義書の重要性を理解し、その作成を遅延させないことが大切です。


プロジェクトのスタート時点で要件定義書の作成を開始し、関係者が一堂に会して要件を洗い出すことで、未完成や不備を防ぎます。


次に、定期的な見直しを徹底しましょう。


プロジェクトが進行するにつれて要件が変更される場合があります。


そのため、要件定義書をプロジェクト全体のスケジュールに沿って定期的に見直し、適切な修正を行うことが必要です。


*iPM naviのコミュニティに参加する未公開のプロの助言が見れます!


5.iPM naviプロコンサルのアドバイス

PM naviに参加しているプロコンサルの実践経験から得たノウハウを活かして、失敗しないための解決策を解説します。

Pro consultant MIRIO


iPM naviに参加しているプロコンサルの実践経験から得たノウハウを活かして、失敗しないための解決策を解説します。


(1)要件定義の整合性を確認し、システムリリース日の延期を選択

プロジェクトマネージャーとしての経験を通じ、失敗プロジェクトから学び取った重要な教訓があります。


それは、要件定義の整合性を徹底的に確認することがプロジェクトの成功に欠かせない要素であるということです。


クライアントの業務要件とシステム要件を正確に理解できる経験豊富なメンバーをプロジェクトに参画させ、要件定義書の作成後に内容を緻密に検証します。


この段階でメンバーたちが要件定義書の相違点や抜け漏れを早期に発見し、問題の修正を行います。


クライアントの要求に適合したシステムを提供するためには、プログラムの修正が不可欠ですが、これによりユーザーテストフェーズでの問題を最小限に抑えることができます。


プロジェクトのスケジュールに余裕を持たせ、システムリリース日の延期を選択することで、品質と納期の両面を確保します。


(2)要な業務要件とシステム要件に絞り込み、リリース日の変更を避ける

過去の失敗から得た教訓を胸に、私が提案する解決策は、重要な業務要件とシステム要件に的を絞り込むことです。


クリティカルなビジネスインパクトを持つ要件に焦点を当てることで、プロジェクトスコープを限定し、余計な変更やスコープの膨張を防ぐことが可能です。


再度要件定義を実施し、クライアントの要求仕様を徹底的に理解することで、プロジェクトメンバーは重要な要件を的確に把握できます。


これにより、ビジネスインパクトの大きい要件に対応するプログラム修正に集中し、リリース日の変更を回避します。


リリース日の変更を最小限に抑えながらも、クライアントの要求に適切に対応するためには、要件の絞り込みが不可欠です。

(3)プロのメンバーと段階的リリースで成功へ導く

プロのメンバーをプロジェクトに参画させ、重要な業務要件とシステム要件に絞り込み、段階的なリリースを行うことです。


プロジェクトメンバーにはクライアントの業務要件とシステム要件を正確に理解できる専門知識を持ったプロフェッショナルを選抜し、要件定義の段階から積極的に参加させます。


重要な要件に焦点を絞ることで、スコープの膨張や余計な変更を防ぎ、プロジェクトの進捗を最適化します。


また、段階的なリリース手法を採用することで、クライアントへの影響を最小限に抑えつつ、プロジェクトの成功を確実なものとします。


プロコンサルタントの紹介

*iPM naviのコミュニティに参加する未公開のプロの助言が見れます!


6.最適な解決策

経験豊かなiPM naviのプロコンサルの知見とChatGPTのAIパワーが結集し、あなたのプロジェクトに最適な解決策をアドバイスします。

経験豊かなiPM naviのプロコンサルの知見とChatGPTのAIパワーが結集し、あなたのプロジェクトに最適な解決策をアドバイスします。


経験とAIの統合が、効果的な意思決定と成功につながります。プロジェクトの挑戦に立ち向かうなら、この最適な解決策をを活用してください!


(1)要件定義の品質向上とコミュニケーションの活性化

要件の抜け漏れを防ぐための効果的な解決策は、プロジェクトチーム内外のコミュニケーションを強化しましょう。


クライアントとの継続的な対話を促進し、要件についての明確な理解を確保します。


また、開発チーム内でのコミュニケーションを活性化させることで、要件に関する情報の共有とミスの早期発見を可能にします。


次に、要件定義書の適切な作成と管理を重視しましょう。


要件定義書はプロジェクトの指針となる重要な文書です。


適切な要件の洗い出し、クライアントとの確認プロセスの徹底、変更があった際の適切な変更管理を行うことで、要件の抜け漏れを減らします。


(2)重要な要件への的確な集中と成功のためのバランス

重要な業務要件とシステム要件に的を絞り込むことです。


クリティカルなビジネスインパクトを持つ要件に焦点を当てることで、プロジェクトスコープを限定し、余計な変更やスコープの膨張を防ぐことが可能です。


再度、要件定義を実施し、クライアントの要求仕様を徹底的に理解することで、プロジェクトメンバーは重要な要件を的確に把握できます。


これにより、ビジネスインパクトの大きい要件に対応するプログラム修正に集中し、リリース日の変更を回避します。


リリース日の変更を最小限に抑えながらも、クライアントの要求に適切に対応するためには、要件の絞り込みが不可欠です。こ


(3)プロの知識と段階的リリースによる安定した成功

プロのメンバーをプロジェクトに参画させ、重要な業務要件とシステム要件に絞り込み、段階的なリリースを行うことです。


プロジェクトメンバーにはクライアントの業務要件とシステム要件を正確に理解できる専門知識を持ったプロフェッショナルを選抜し、要件定義の段階から積極的に参加させます。


また、段階的なリリース手法を採用することで、クライアントへの影響を最小限に抑えつつ、プロジェクトの成功を確実なものとします。


ビジネスインパクトの大きい要件に優先順位をつけ、段階的なリリースによりプロジェクトのリスクを最小化します。


(4)リスク管理と透明性によるプロジェクトの安定化

最適な解決策は、リスク管理と透明性の確保に重点を置くことです。


まず、リスクマネジメントの重要性を理解しましょう。


プロジェクトが進行する中で様々なリスクが発生する可能性がありますが、それらを事前に洗い出し、評価し、対策を立てることが重要です。


リスクアセスメントを行い、リスクの影響度と発生確率を評価し、リスクを管理する計画を策定します。


次に、プロジェクトの透明性を確保することがポイントです。


全ての関係者がプロジェクトの進捗状況やリスク状況を把握できるようにし、情報の共有を徹底します。


進捗報告会合やリスクレビュー会合を定期的に開催し、関係者同士のコミュニケーションを促進します。


透明性の高いプロジェクト運営により、問題の早期発見と迅速な対応が可能となります。


*iPM naviのコミュニティに参加する未公開のプロの助言が見れます!


7.初心者PMが身につけるべきスキル

プロジェクトの事例から初心者プロジェクトマネージャーに必要なスキルを紹介します。

今回の失敗プロジェクトの事例から初心者プロジェクトマネージャーには以下のスキルが求められます。

(1)要件定義スキル

プロジェクトの要件定義は成功の基盤となる重要なステップです。初心者プロジェクトマネージャーは、クライアントの要求を正確に理解し、要件定義書の作成や要件の優先順位付けに慎重なアプローチを持つ必要があります。


(2)リスク管理スキル

プロジェクトには様々なリスクが存在します。初心者プロジェクトマネージャーは、リスクを事前に洗い出し、適切な対策を講じる能力が必要です。リスクの早期発見と対処によって、プロジェクトの安定運営を確保します。


(3)スケジュール管理スキル

プロジェクトのスケジュールはプロジェクトの進捗や納期に大きく影響します。初心者プロジェクトマネージャーは、スケジュールの策定と管理を行い、遅延やスケジュールの調整に対応する柔軟性を持つ必要があります。


(4)変更管理スキル

プロジェクトは進行中に要件やスコープに変更が生じることがあります。初心者プロジェクトマネージャーは、変更の影響を評価し、適切な変更管理を実施するスキルが必要です。


(5)問題解決スキル

プロジェクトには様々な課題や問題が発生することがあります。初心者プロジェクトマネージャーは、冷静な判断力と問題解決能力を持ち、効果的な対応策を見出すスキルが求められます。


8.QAセッション

これらのスキルを持つ初心者プロジェクトマネージャーは、失敗プロジェクトから学びながら、総合テストの問題を解決し、プロジェクトの成功に導くことができるでしょう。


失敗プロジェクトの原因に関する質問に答えるQ&Aセッションを設けています。


皆さんの疑問や質問に対応することができます。


失敗プロジェクトに対する理解を深め、同じような失敗を回避するためのアドバイスをします。


iPM naviのサイトにアクセスしてコミュニティーに登録してください。


今回のコラムの未公開情報が読めます。


また、無料で大手コンサルファームの社員や出身者からアドバイスを受けれます。


ファームの人材とコミュニケーションが取れるイイ機会です。


是非、ご利用ください。

コミュニティに参加してコンサルタントからアドバイスをもらう風景

*メンバー登録(無料)する前にiPM naviでどんなことができるのか?を確認する。


最後まで読んでくれて有難う御座いました。


 

◾️information

プロジェクトマネージャーを目指すなら必見!計画書の作り方を解説


プロジェクトマネージャーになるために欠かせないスキルの一つが、プロジェクト計画書の作成です。


しかし、初めて計画書を作成する人にとっては、何から手を付けていいか分からず苦戦することもあります。


そこで、プロジェクト計画書の作成手順を分かりやすく解説します。

プロジェクト計画書の作り方を教える女性コンサルタント

 

◾️関連サービス(無料)

業界では、新しいプロジェクトマネージャ総合支援サービス。

iPM naviは便利な3つのサービスが無料です。

あなたのスタイルに合わせて、好きなサービスが無料でご利用いただけます。

iPM naviで無料で提供するコンサルサービス

Kommentare


bottom of page