top of page

プロジェクトのリリース日未定はもう終わり!確実な計画立てを学ぶ


プロジェクトマネージャーとして、初めてプロジェクトを担当すると、失敗する可能性が高いものです。


失敗は避けられないものではありませんが、失敗した経験から学び、次回は成功に向けた改善を行うことができます。


そこで、iPM naviとChatGPTがコラボレーションして、あなたに向けたスキルアップできるコラムを配信しています。


このコラムでは、失敗プロジェクトの事例を元に初心者プロジェクトマネージャーが陥りがちな問題点や改善方についてアドバイスをしていきます。


以下の方にオススメのコラムです!!


・プロジェクトマネージャーになりたい方

 

・現在プロジェクトを進めている方

 

・プロジェクトマネジメントに関する知識やスキルに自信のない方

 

・初めてプロジェクトを担当する方 

 

・プロジェクトの成功に向けて改善を考えている方 是非、このコラムを参考にしてみてください。

 

監修:プロコンサル Yuichiro Hayashi 2000年に大手コンサルファームBにジョイン。 同社の創業時からパートナーとして、セールス・コンサルティングとあらゆる組織で活躍しビジネスの拡大に貢献。 2005年にコンサルファームを設立。総数2,000以上のプロジェクトに携わり、経験したプロジェクトの検証と分析から『現場で使えるノウハウやリスク情報』を法人顧客やフリーランスPMOに提供。 2020年に大手クラウドソーシング 取締役としてジョイン。大手コンサルファームBでのセールススキルを活かして同社スタートアップサービスの拡大に貢献。

 

目次:


1.はじめに

失敗プロジェクトのケースから学ぶ、リリース日未定の問題を解決するためのプロジェクトマネジメントの方法を紹介します。 総合テストでの問題発生からリリース日が確定できず、プロジェクトが中断し、工数超過が発生したケースを解析します。 原因の特定と解決策提案を通じて、プロジェクトマネージャーのスキル向上を目指しましょう。


時短したい人は30秒動画でこのコラムのポイントをお伝えしてます!!

*メンバー登録(無料)する前にiPM naviでどんなことができるのか?を確認する。


2.失敗プロジェクトの事例

▪️プロジェクトのスコープと体制▪️ ・クライアントは大手運輸メーカー ・クライアントの情報システム部で基幹業務の新規開発を実施 ・配送管理、重量管理、配車管理がシステム化対象 ・中堅SierのA社が開発全般を請け負う ・開発体制は業務チーム、基盤チーム、テストチーム、管理チームで構成 ・プロジェクトマネージャーはA社の佐藤(PM初心者) ▪️失敗プロジェクトの内容▪️ 総合テスト工程で問題が起こりました。 当該工程が50%経過したときに、計画以上に不具合の件数が見つかり、システムのリリースができないことが分かりました。 そこで初心者プロジェクトマネージャーは、プロジェクトオーナーにリリース日を1週間程度、遅らせてくれるように求めました。 しかし、プロジェクトオーナーは「正確な遅延日数がわからないのに、社内で調整することはできない。当初の計画通りにリリースしてくれ!」とクレームがありました。 初心者プロジェクトマネージャーは、この問題を回避することができず、 ・システムのリリース日が確定しないためプロジェクトが中断した。 ・大幅な工数の超過が起こった。 このようにプロジェクトが破綻して失敗に終わりました。 今回の失敗プロジェクトの問題を「リリースの超過日数が不明であり再計画できない」と定義しました。 **守秘義務により企業名・団体名・個人名等は架空名称となります。

3.失敗の原因

この原因は、以下の通りでした。 (1)総合テストで発生する不具合件数の想定が間違っていた。 (2)総合テストで計画した所要期間が間違っていた。 (3)現在の問題を考慮して予測した遅延日数が間違っていた。

4.ChatGPTのアドバイス

データを収集して分析した結果から解決策を導いています。 (1)見積もりの正確性を高めるための予測方法の改善 見積もりの正確性を高めるため、テスト工程での不具合件数の予測方法を改善します。 過去のプロジェクトデータや類似プロジェクトの統計情報を活用し、より現実的な数値を見積もりに反映させます。 また、テスト工程の進捗管理を適切に行い、早い段階で問題を把握できるようにします。 (2)総合テストの所要期間の正確な見積もりと効率的なテスト戦略の策定 総合テストの所要期間を正確に見積もるために、類似のプロジェクトや他ベンダーからの情報収集を行います。 また、プロジェクトのリスク要因を考慮し、余裕を持った計画を立てます。 さらに、総合テスト中の問題を早期に検出するための適切なテスト戦略を策定し、効率的なテスト実施を図ります。 (3)リリース日の不確定性に対処するためのリスク管理の強化 リリース日の不確定性に対処するために、リスク管理を強化します。 問題が発生した場合に備えて、バックアッププランを用意し、必要なリソースやスキルの確保を行います。 プロジェクトオーナーとのコミュニケーションを強化し、リリース日の不確定性に対処するための柔軟性を持った計画を立てます。 さらに、プロジェクトの進捗状況をリアルタイムで把握するための適切なプロジェクト管理ツールや報告体制を導入し、プロジェクト全体の可視化を図ります。

5.iPM naviプロコンサルのアドバイス

Pro consultant えのき 実践ノウハウから解決策を導いています。 (1)プロジェクト再計画と増員による正確なリリース日算定 不明なリリース日による問題を解決するため、私の提案は正確なリリース日を算定し、開発メンバーとテスト実施メンバーを増員することです。 これにより、プロジェクトを再計画し、問題の発生源である不具合件数やテスト所要期間をより現実的に見積もることが可能となります。 増員により作業効率が向上し、リリース日の遅延を最小限に抑えることができます。 (2)現行の人員で対応する再計画による正確なリリース日算定 プロジェクトの人員増加には限界がある場合でも、正確なリリース日を算定するための解決策があります。 私の提案は、開発メンバーとテスト実施メンバーを増員せずに現行の人員で対応する再計画を行うことです。 効率的なタスク管理と優先順位付けにより、リソースの最適な活用を図り、問題の発生源である不具合件数やテスト所要期間を適切に見積もることができます。 これにより、正確なリリース日を確保し、プロジェクトの成功に繋げます (3)リリース日を守るための最大限の人員増加 当初の計画通りのリリース日を厳守するための解決策として、開発メンバーとテスト実施メンバーの最大限の人員増加を提案します。 人員を増やすことで、不具合の件数を迅速に解決し、テスト所要期間を短縮することが可能です。 これにより、リリース日の確定とプロジェクトの進捗管理が円滑に行われ、成功に向けた道筋を描くことができます。 ただし、増員には予算やリソースの制約があるため、慎重な検討と計画が必要です。 十分な根拠と効果的なリソース配分を考慮し、増員の必要性とその効果を上層部に説明することが重要です。 また、増員による人材の獲得やトレーニングにも時間を要するため、計画の早期策定と実行が求められます。 リリース日の厳守とプロジェクトの成功を実現するため、人員増加の検討を適切に進めていきましょう。


6.最適な解決策

iPM naviとChatGPTのアドバイスから最適な解決策となります。 (1)正確なリリース日算定と増員によるプロジェクト再計画 不明なリリース日による問題を解決するために、正確なリリース日を算定し、開発メンバーとテスト実施メンバーを増員することが重要です。 これにより、プロジェクトを再計画し、不具合件数やテスト所要期間を現実的に見積もることが可能となります。 増員によって作業効率が向上し、リリース日の遅延を最小限に抑えることができます。 (2)見積もりの正確性とテスト戦略の改善 見積もりの正確性を高めるためには、テスト工程での不具合件数の予測方法を改善することが重要です。 過去のプロジェクトデータや類似プロジェクトの統計情報を活用し、現実的な数値を見積もりに反映させます。 また、効率的なテスト戦略を策定し、結合テストの所要期間を正確に見積もることも必要です。 (3)リリース日の不確定性に対処するためのリスク管理の強化 リリース日の不確定性に対処するためには、リスク管理を強化する必要があります。 問題が発生した場合に備えてバックアッププランを用意し、必要なリソースやスキルの確保を行います。 プロジェクトオーナーとのコミュニケーションを強化し、柔軟な計画を立てることも重要です。 さらに、プロジェクトの進捗状況をリアルタイムで把握するためのツールや報告体制を導入し、プロジェクト全体を可視化することが効果的です。 (4)現行の人員で対応する再計画による正確なリリース日算定 プロジェクトの人員増加には限界がある場合でも、現行の人員で対応する再計画を行うことで正確なリリース日を算定できます。 現行の人員で対応するためには、効率的なタスク管理と優先順位付けを行い、リソースの最適な活用を実現。 さらに、コミュニケーションと協力を強化し、プロジェクトメンバーの情報共有とコラボレーションを促進。 リリースプロセスの見直しや自動化を通じて効率化を図り、正確なリリース日を算定します。 最適な解決策を選択するためには、現在の状況や制約、リソースの可用性などを考慮し、総合的な判断を行うことが重要です。 プロジェクトの管理者や関係者との協議や意見交換を通じて、最適なアプローチを決定しましょう。

7.初心者PMが身につけるべきスキル

今回の失敗プロジェクトの事例から初心者プロジェクトマネージャーには以下のスキルが求められます。 (1)プロジェクト管理スキル 初心者プロジェクトマネージャーにはプロジェクト管理スキルが必要です。 タスクの割り当てや進捗管理、リソースの調整など、プロジェクト全体を効果的に管理する能力が求められます。 (2)コミュニケーションスキル プロジェクトマネージャーはチームとの円滑なコミュニケーションを図る役割を果たします。 的確な情報共有や要件の明確化、問題解決のための円滑なコミュニケーション能力が必要です。 (3)問題解決スキル 問題が発生した場合に迅速かつ効果的に対処するために、初心者プロジェクトマネージャーは問題解決スキルを持つ必要があります。 原因の特定、適切な解決策の選択、優先順位付けなどの能力が求められます。 (4)リスク管理スキル プロジェクトのリスクを予測し、適切な対策を講じるリスク管理スキルは重要です。 リスクの特定、評価、対処策の立案と実行、定期的なモニタリングなど、プロジェクトの安定性と成功のために必要な能力です。 (5)チームマネジメントスキル チームの動機付けや協力の促進、能力の最大限の引き出し方など、効果的なチームマネジメントスキルが求められます。 メンバーの役割分担やスキルの活用、適切なフィードバックや評価など、チームのパフォーマンス向上に貢献します。

8.QAセッション

失敗プロジェクトの原因に関する質問に答えるQ&Aセッションを設けています。 皆さんの疑問や質問に対応することができます。 失敗プロジェクトに対する理解を深め、同じような失敗を回避するためのアドバイスをします。 iPM naviのサイトにアクセスしてコミュニティーに登録してください。 大手コンサルファームの社員や出身者が無料でアドバイスします。 ファームの人材とコミュニケーションが取れるイイ機会です。 是非、ご利用ください。 またコミュニティでは今回の失敗プロジェクトをプロジェクトの教訓としてリスク管理表にまとめました。 こちらも併せてチェックしてください!!

*メンバー登録(無料)する前にiPM naviでどんなことができるのか?を確認する。


最後まで読んでくれて有難う御座いました。





 

プロジェクトマネージャーを目指すなら必見!計画書の作り方を解説


プロジェクトマネージャーになるために欠かせないスキルの一つが、プロジェクト計画書の作成です。 しかし、初めて計画書を作成する人にとっては、何から手を付けていいか分からず苦戦することもあります。 そこで、プロジェクト計画書の作成手順を分かりやすく解説します。


Comments


bottom of page